週7の遅刻生活

読書感想文と北海道新卒が思うつぶやきを書いています。

自分の幸せについてまとめました。

こんにちは

やまさきです

 

今日は自分にとって何が幸せでどういう状態が最高なのか、成功って何っていう内容です。ド偏見ですが、男性の方は今から言う内容のことは納得してもらえるのではと、再度言いますが、ど偏見ですが、思います。

 

 

 これは、大学4回生の冬のことです。就職活動は終え、これから大学の卒業に向かってダラダラと進んでいるときのこと。ふと、自分にとって何が幸せなのか考えることがありました。

 

 自分はもともと、人と比較する癖が非常に強かったり、自己顕示欲が強い性格でもあります。そのため、就職活動の時は、誰よりも実績を積んでベンチャー界でトップをとってやると意気込んでいることもありました(笑)(今はもちろん、そんな淡く幻想的なことは一切思っていません。)

 

 ですので、就職活動中は「〇〇をしてリーダーをしました」と言っているやつとか、「△△の最先端の研究をしています」とか言っている奴がめちゃくちゃ羨ましい自分がいました。正直、しんどかったです。相対的に劣っているため劣等感を感じ続けていたからです。

 

 ですが、最近になって思ったのが、別に自分が幸せだったらなんでもよくない?という部分です。例えば金銭面で非常に裕福な人になったとしましょう。お金をたくさん持つと言うことは購入できるものが増えることを意味します。そのため、今まで買えなかったけどもそれが買えるようになる。満足感が得られます。そして自分の周りに物が増えて愉しみが増えるでしょう。それはそれでいいです。ビジネスで大成功を収めたとしましょう。それはそれでいいと思います。

 

 上記のことは非常に素晴らしく、立派だと思います。わたしもそうなりたいです。ただ一点だけ留意していることは、それが目的にならないようにすることです。例えば、お金持ちになりたいやビジネスで大成を目的にすると、個人的意見を言うと中身が形骸化していると思います。やはり人間は感情で生きる動物です。物理的ではなく、物質的ではない豊かさを追い求めることも大切かと思います。

 

 そのつながりの話になりますが、ビジネスで成功することでの幸せや結婚をすることで生まれる幸せなど、どっちかを選択せざるを得ないシチュエーションって遭遇しているのではないかと思います。

 つまり、僕の予想としてはこの2つは二兎追うものは一兎を得ずなのではないかと勝手に思っています。わかんないですけど。

 

 ここまで言って結局何が言いたいのかと言うと、心の豊かさで幸せを測りたいと最近になって考えたことです。

 タイのCMは心に訴えかけるものが多いと聞きました。あるCMでは自分の幸せよりも相手への助けを重きに生活をしている人をフォーカスしているものでした。

 お金で測れるものもあると思いますが、やはりどうしてもお金では買えないものもあるのだろうと22歳にしてやっと気づくことができました。これから社会に出て働き始めますが、腐らずにいま感じている思いを大切に持って生きていきたいなと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

 

やまさき

広告を非表示にする