読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週7の遅刻生活

3日間隔で更新しております。とにかく書きたいことのみ書かせていただいております。

サクッとやまさきがオススメする、本紹介

こんにちは

 

やまさきです

 

今日はエイプリルフールですね。

皆さんは楽しい嘘をつきまくってるでしょうか?

せっかく嘘をつくのだから大胆に嘘をつきましょうね。

私は彼女に執拗に嘘をつきまくって楽しんでいます。(笑)

 

さて、今日は最近読んでよかった本の紹介なんぞやりたいなと思っています。

 

話はいきなり脱線しますが、私は今まで本を読むことが嫌いでした。文字を読むことすら小学生の頃は嫌いで、国語の成績があまり良くなかったことを覚えています。ですが、なんで最近になって読むようになったかというと、きっかけは小さいことでした。

大学2年生の時、突発的な自然気胸になったことがあります。気胸とは肺に穴が開くことで、私は軽症だったのですが、重いケースは死に至ることもあります。

ですので、私は1週間弱家で安静にしていることがありました。

そんな日々は非常に退屈ですよね。それで暇つぶしに伊坂幸太郎の小説を読み始めてみたら、あら不思議。国語の成績がクソの人間が読書好きになりましたとさ。

 

まーそんな感じで簡単に変わっちゃったんですね。

 

 

で、最近では小説以外にも色々な本を読んでいます。

 

それらを少し紹介していきます。

 

 

まず一つ目

こちら。

伊坂幸太郎の「首折り男のための協奏曲」 

首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)

首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)

 

 

 一言、まとまり感がなんとも言えないほど快感。上記の作品はそれぞれのストーリーをかき集めて修正したものなのですが、やっぱり圧巻ですね。

 

伏線、伏線、伏線、最後にドーン!

ってのがファンにはたまんないです。

 

 

2つ目。

今ちょうど読んでいるものですが、

 「やり抜く力 GRIT」

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

 

 

今まで意識の低い人間がこれを読めば、やり抜く力が身につく!ってん感じの本ではないですが、ベースに基礎的なデータを基に論理を繰り広げられており、納得の嵐です。

あと、読んで後悔しないなと思いました。なぜかというと、どの年代の人が読んでも理解できるし、タメになる本だからです。具体的なことを述べてしまうとネタバレになるので、興味のある方は本屋でペロッとサラサラーっと読んでみてください。

 

GRITに関するtedもあります。

参考に添付しますね。


Grit: the power of passion and perseverance | Angela Lee Duckworth

 

3つ目。

 メンタリストDaigoの「ポジティブ・チェンジ」

ポジティブ・チェンジ

ポジティブ・チェンジ

 

 

この本では具体的に自分を変えようとするためのメソッドが詰め込まれています。正直、ページ数も少ないため内容的にはもう少し欲しいなって思わされますが、でも読めば実践してみたくなります。

実際、私も試してみました。

f:id:kykyky-17-skri:20170401225922j:plain

楽しんで実践できますね。

 

4つ目。

「セカ就」 

セカ就!  世界で就職するという選択肢

セカ就! 世界で就職するという選択肢

 

 

これは今年の2月、私がちんたらちんたらと自分の進路のについて悩みあぐねていた時に読んだ本ですが、ある架空の人物が世界で働くとはということに焦点を当てて物語が展開されています。この本のレビューにもあることなのですが、海外就職ということがどういうものなのかイメージを持つことができましたし、ハードルが以前に比べて低くなったという実感があります。

 

ぜひ、日本にとどまらず世界で働くぞって方、読んでみてください。

 

5つ目。

山崎元さんの「お金の授業」

 

学校では教えてくれないお金の授業

学校では教えてくれないお金の授業

 

 

これはいつ読んだのか覚えていないのですが、めっちゃ面白かったことは覚えています。この方は大学でも講義を持っていらっしゃる方で私のような大学生でも読めるようなレベルで話が展開されています。

どうすれば今後の世の中を、お金という観点から乗り越えられるだろうか、貯蓄の方法や運用、資産形成に関することなどを知ることができます。

 

今までお金のこと、わかんないからどーでもいいやって考えていた方、勉強がてらにこの本、役に立ちます。

 

 

ということで以上、5冊の紹介でした。

4つ目の「セカ就」は正直、需要の幅は狭いと思うのですが、その他の4つはどのような方にでも役に立つ本かと思いますので、もしまだ読んだことがないって方はぜひ、読んで感想など聞けたらなと思います!

 

ということで、以上です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

これからも宜しくお願いいたします。

 

やまさき