週7の遅刻生活

とにかく書きたいことのみ書かせていただいております。

おそるべし、歌舞伎町のお兄さんん!!

 

こんにちは

 

やまさきです

 

ここ3日間、東京に来ています。

主に就職活動できったないカプセルホテルでなんとか過ごしています。

 

実はその宿泊先がある場所の近くで、駅からそのホテルに戻るまですごく騒がしいところなのですが、、、

それは何を隠そう、歌舞伎町です。

 

今まで大阪でもそういった騒がしいところの近くに行ったことはあるのですが、何か一味違うという印象ですね。

 

で、今回は歌舞伎町で出会ったある夜のお店のキャッチのお兄さんについて書きます。(笑)

 

 

 

 お兄さんの素晴らしいテクニック!!

まず初めにシチュエーションを伝えますと、駅からホテルまで必然的に歌舞伎町のあのロードを歩く必要があります。故意ではありません。

そうすると、

「お兄さん!今日どうっすか??」

f:id:kykyky-17-skri:20170512212129j:plain

 

ってどこかしらから聞こえてくるんですよね。

そらそうですよね。

いわばイチゴ味の食べ物しかないストリートに入って、いちごどうっすか?!って言われてるようなもんですもんね。

何か違うか、。

 

んで、そのホテルまで帰っていると少し若そうな青年が話しかけられて、初めは居酒屋かと思っていたのですが、案の定、そういう店でして、いつものように手で払おうとした時に、なんという、ベシャリがうめえったらうめえ。

 

え、どこ出身ですか?と言わんばかりの話が上手い(笑)

 

気づけば足を止めて、話を聞き入ってしまったのです。

 

で、ここからが本題で、その約10分間くらいで繰り広げられた話のテクニックをこんな小さなブログでおおっ広げにしてあの人の価値を下げてやろうと思います。

普通に誘導式でよくあるテクニックですが、年を聞くと23歳とのことでしたので、自分の勉強のためにもまとめます。

 

大きく分けて3つのテクニックをお伝えします。

 

YESの法則

f:id:kykyky-17-skri:20170512220148j:plain

これは文字どおり、yesを言わせまくるテクニックです。

yesを言わせまくることで、ある提案をしても今まで一貫してyesを言ってきたため心理上、断りにくくさせるテクニックです。

そのお兄さんはYESの神様でした。YESを言わせれば横に出る者はいないと言わんばかり、私にYESを言わせまくりました。

 

内心では

(あー、この人俺のこと落とそうと頑張ってるなーって、その頃は下に見ていました。)

 

主観変更

f:id:kykyky-17-skri:20170512220321j:plain

これは一方的に持論を話していても、実感をわかせることができなければ一向に頭に入ってきませんし、納得できないと思います。彼はそんな、話す時に主語を話し相手にしてトークを繰り広げるテクニックを多用しまくり、私をあらゆるシチュエーションに立たせて、想像力をうまいこと湧きたてられました。

 

この時私は、

(ムムっ?この人23歳にしてはやるなっ。こんなロジカルにテクニカルにトークをする研修でもあるのかな?)

と疑うようになりました。

※実際はそんな研修はないそうです。 

↑参考:歌舞伎町のお兄さん

 

 価格のすり替え

f:id:kykyky-17-skri:20170512220434j:plain

これは服屋さんでも経験されている方もいると思いますが、ある商品説明をしていると、 知らん間に少し高めの商品を持ってきて、これなんてどうですかね〜?って言いながら客単価を高くするために別の商品を説明し始める、あのやーつです。

 

それと同じテクニックで、今さっきまで説明していたお店より少し高いお店を紹介し始めるじゃないですか。

(なんだこのお兄さん、若手の割にはテクニックありすぎん?!?!)

この時点です。このころから私はこのお兄さんの話をほぼ勉強する気持ちで聞き入っていました。

最後には喋り方を教わるほど仲良くなり、楽しかったですね(笑)

 

そういえば、このテクニックを使うにはすげー簡単なカラクリがあるようで、私の視点では、高い商品をお勧めするときは、

まずクローズドクエスチョンで相手の予算などを探ってから、その範囲内でギリギリを攻め、高めの商品を説明する時に、さっき紹介したものより質はいいです。そらそうですよね、質が良ければ比例してものも高くなります。だからいいものを選ぶのなら高いものを選びましょうよ、って。

 

これさえいえば、だいたい落ちるもんは落ちるんだろうなって思いました。

 

はい、今日はこんなところで締めたいと思います。

 

最後に、テクニックは知っているだけで応用効かせたらあらゆるところで使われるのだなって思いました。(笑)

 

皆さんも口上手な人はまず疑ってかかりましょう(笑)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

次回もお願いいたします。

 

やまさき