週7の遅刻生活

歴史や古典系、新書など幅広い読書感想文を書いております

簡単にまとめられる、読書の時のマインドマップ

こんにちは

 

やまさきです

 

今日は読書の時にいつも活用しているマインドマップについて書こうと思います。

読む作業と同時並行で整理することで、より一層まとめる力が身につきます。

 

f:id:kykyky-17-skri:20170831150132j:plain

 

 ということで、今回書こうというきっかけになったのはいつも私のブログを読んでくれている友人が、読書が長続きしないという問題を抱えているとのことで、このブログを通して何かいい方法をわかりやすく伝えられたらなと思い、書こうと思います。

 

さて、皆さんは読書にはいくつかの目的があることはご存知でしょうか。

 

楽しむために読むもの、調査するために読むもの、理解を深めるために読むもの、といったところでしょうか。

その、調査と理解の時にうまく機能するのがマインドマップです。

 

 

マインドマップとは?

マインドマップトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。

マインドマップ」という呼称は、英国ThinkBuzan社が商標登録を管理している。マインドマップ - Wikipedia

 

f:id:kykyky-17-skri:20170831151957j:plain

 

上図のような、よく自己啓発系の胡散臭いやつに書かれてそうなキーワードのものですね。

真ん中に大テーマがあって、その周りに中テーマやそれに付随する事柄を書き込んでいくものです。

 どうして読書の時にマインドマップがいいのか?

一言で言うと、整理ができるから。

 

マインドマップの特徴から、真ん中のテーマから外側にむかって草の根のように広がっていきます。

 

その広がりを本のガイドラインに従って構成してあげれば、一目でその本の概要をつかむことができることになります。

 

ごちゃごちゃ言わずに、早速使い方にいきましょう。

 

 どうやって活用するのか

マインドマップはアナログ版とデジタル版で活用することができます。

 

アナログ派の方は、紙とペンを用意していただいて真ん中にその本のタイトルを書きます。そしてその周りにどんどんとマインドマップを書いていきます。

 

デジタル派の方には、こちらの非常に便利でぜひオススメのアプリがこちら。

スマホタブレット

SimpleMind+ 直感的なマインドマッピング

SimpleMind+ 直感的なマインドマッピング

  • xpt Software & Consulting B.V.
  • 仕事効率化
  • 無料

 

今回はデジタルで説明します。一般的な使い方とは少し異なった我流を書きます。

 

すること①

一冊の本とアプリをダウンロードしたデバイスを用意します。

そして読む前に、まず本の目次をしっかりと確認しましょう。

大体は大きな章と節に分かれています。

真ん中に本のタイトルを書き込み、その次に章の題名もしくはわかりやすい記号なり数字を書きましょう。

f:id:kykyky-17-skri:20170831154539j:plain

 

今回は思考の整理学を例にとって行います。

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

 

 

すること②

マインドマップに下地ができれば、あとは普通に本を読んでいきましょう。

そして読んでいくうちに、

あ、これ大切だな!」って感じるところがあると思います。

普通に読んでいると、これいいなーと思ったところも何もメモせずに過ごしていれば忘れるのが当たり前です。

そんな時に、さっきのマインドマップを活用しましょう。

このフレーズいいな、とか、この一文すげえ使えそうという部分があれば、夢中にマインドマップに打ち込んでいきましょう。

 

そうすることで、先ほど作成した章ごとの続きにつらつらと書き込み、こんな感じで根っこのように広がっていきます。

f:id:kykyky-17-skri:20170831155427j:plain

 

これを別の章に移っても継続して行うことで、最後には

こんな感じで、

f:id:kykyky-17-skri:20170831155712j:plain

 

でっけーやつができます。

 

これで一冊のまとめができます。

作業としては以上です。

 

活用することのメリット

f:id:kykyky-17-skri:20170831161041j:plain

初めはこの作業は正直辛いです。

読書しながら、いちいちスマホ開いてマインドマップ作成していくとなると、面倒になってきます。

しかし、これをすることで読書自体に目的を持たせることができますし、読んだだけにならずにオリジナルのまとめができます。

 

メリットとしては、再度読み返すことなく一度ドリップされたものを見直せるため作業効率化が図れますし、人に本の内容を伝える時も一度自分の中で咀嚼しているから、要点をしっかりと伝えることができます。

 

今までなんとなく本を読んでいた、もしくはあまり本を長く読み続けることができなかったという方にぜひとも実践してもらいたいです。

 

もしよければ試してみてください!!

再度、リンクです。

SimpleMind+ 直感的なマインドマッピング

SimpleMind+ 直感的なマインドマッピング

  • xpt Software & Consulting B.V.
  • 仕事効率化
  • 無料

 

 

以上になります。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

次回もどうぞお願いします。

 

やまさき

 

広告を非表示にする